top of page
mockup-of-a-woman-taking-her-iphone-12-pro-max-from-her-desk-m28885.png

ユニバーサル地図/ナビ

住民や観光客の声を即座に反映
自治体とユーザーで一緒に作っていく地図/ナビ

​ユニバーサル地図/ナビとは?

​4つの情報を一度に確認できる。

誰にとってのバリアフリーなのか?

​移動課題は十人十色。人によってバリアを感じる場所は異なります。

ユニバーサル地図/ナビではより多くの選択肢を提示し、自分に合った経路を考えられる地図を目指してます。

なぜいま導入が必要なのか?

移動をためらう人たち

15%  世界人口における障がい者の割合

7.4% 日本人口における障がい者の割合

約6億5000万人の人は移動に何らかの躊躇を感じてる

情報を集めるのが大変

自分が使えるお手洗いはあるか

目的地までにエレベーターはあるか?

    :

自分に合ったバリアフリー情報を調べるのに多くの時間を要している

​法改正

2021年5月 「障害者差別解消法」が法改正

2024年4月 合理的配慮の提供が義務化

自治体からの情報発信が難しい

ガイドラインを策定後、バリアフリー情報を更新できていない自治体が多い

​利用者のレビュー​

バリアフリー情報の

維持管理が楽になった

スポットだけでなく経路も提供できるので、利用者にとって有益な情報提供ができた

おすすめのルートを活用し

地域ならではの情報発信ができた

バリアフリー情報を通じて

他地域と連携機会が増えた

自治体の声

他の情報との簡単に連携ができ、拡張性があるのが嬉しい

”ある”情報だけでなく、

”ない”情報も分かるのが嬉しい

全国同じフォーマットで情報が見られるので、色んなアプリを入れなくて良いのが助かる

いつ更新された情報か

分かるので目安になった

自分に適した経路を知れた

ユーザーの声

​公式情報だけでなくユーザーの投稿を分けて確認できるので参考になった

地図ナビの使い方

使い方

1

​バリアフリー情報を知りたい

スポットを選ぶ

地図上の気になるスポットアイコンをタップ

​公式情報

​自治体などが発信する施設情報や観光情報が確認できる

ユーザーが集めた情報

自分が使えるエレベーターはある?

どこのトイレが使いやすい?

​ユーザー目線の情報が確認できる

2

​経路を知りたい

目的地を指定

検索バーをタップして目的地を検索するか、地図上で目的地を指定

​経路検索

出発地を入力し検索すると、最短経路と距離・所要時間が分かる。経由地の設定も可能。

​目的地に向かう

​目的地へ移動!自治体やユーザーが集めた情報から思わぬ発見があるかも?!次に行きたい場所は再検索ボタンが便利

3

​自分に合った情報が欲しい

設定画面へ

​ONOFF設定ボタンをクリック

​欲しい情報を設定

用途に合わせて好みの情報に設定しちゃいましょう!

自分に合った地図へ

近くにあるトイレはどこ?

​自分にカスタマイズした地図を楽しもう!

loader,gif
導入事例(地図/ナビ)

​どこのエリアで使われている?

採用事例1:横須賀市

​<ご要望>

・最寄駅からの目的地までの情報を地図上に正確に表示したい
・単なる最短距離ルートだけではなく、自治体のおすすめルートも掲載したい

​既存地図にて自動表示されたルート

指定ルートの作成・更新・修正が可能

(階段ルート)

(エレベータールート)

地図ナビの導入事例(札幌市)

採用事例2:札幌市

​<課題>

バリアフリー情報の管理作業が煩雑、情報の鮮度維持が難しい

数多くある施設の最新情報を
​定期的に更新するのが難しい

自治体目線の情報発信

管理画面画像.png

・専用の管理画面を構築、スポット

   情報の作成、更新、修正が容易
・情報鮮度維持に適した仕組みを構築

ユーザー目線の情報発信

IMG_0298.jpg
unnamed.png

利用者の意見を取り入れた情報を掲載

​​掲載までのステップ

01.

情報を整理

​地域の移動課題や発信したい

内容に合わせて収集した情報を

専用のファイルにまとめる。

02.

​地図に反映

作成したファイルを管理画面に

アップロード。​管理画面上から

情報の登録・修正も可能。​

03.

ユーザーに発信

自治体や観光のウェブサイトなどに

リンクを掲載。住民や観光客に

有益な情報を届けよう!

​もっと詳しく知りたい!

ご要望に合わせた導入プランの提案が可能です。

bottom of page