Universal MaaSとは?
(ユニバーサルMaaS/ユニバーサルマース)

ユニバーサルデザイン×MaaS 

(Mobility as a Service)

​何らかの理由により移動にためらいのある方々(移動躊躇層)が快適にストレスなく移動を楽しめるサービス。出発地から目的地まで移動する際に必要な情報(運賃、運航・運行状況、ルート、スポット情報等)をお客さま(利用者)側に提供すると共に、お客さま自身の位置情報や特性情報、希望する介助内容等を各サービス提供者(事業者)側に共有するなど、まずは情報を繋ぐことに注力。

私たちはユニバーサルでシームレスな移動の実現を目指しています。

 

最新のニュース・お知らせ

2021年10月13日

 お知らせ 

株式会社ゼンリン様が主催する「ZENRIN ONLINE SEMINAR 2021」に登壇します!(「CEATEC2021」内にて実施するセミナーとの同時配信)

2021年9月13日

 お知らせ 

日本視覚障がい者美容協会(JBB)様によるVoicyチャンネル「音で読めるファッション雑誌」でUniversal MaaSをご紹介させていただきました!

 

実証実験パートナー

点から線へ、線から面へ、

日本全国へ、世界へ!!

私たちは、Universal MaaSの輪を広げ、

誰もが移動をあきらめない世界の
早期実現を目指しています。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

産学官連携4者+実証パートナーロゴ(2021年7月1日 現在)

・上記は2021年7月1日 現在の産学官連携 実証実験パートナーです。
・Amazon Web Services、『Powered by Amazon Web Services』ロゴは、米国およびその他の諸国における、
Amazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。

活動履歴

▼主な活動履歴

・2018年7月10日
 ANAグループ社員による自発的提案活動「ANAバーチャルハリウッド」クランクインにて、
 「『移動』の概念を変えて、誰もが自由に移動できる社会を創る!」コンセプトを発表(Universal MaaSの前身)

 その後、有志メンバー間(ANAグループ内 総勢29名)や社外有識者と日々議論を重ね、仮説・実験・検証を繰り返して進化

・2018年11月2日
 コンセプト名称を「ANA MaaS」に変更


・2018年11月6日
 横浜国大らが実施していた「とみおかーと実証実験」をきっかけに、ANAが横浜国大を訪問し、2者による議論を開始

 

・2018年11月30日

 「ANA MaaS」メンバーで開催した合宿の中の議論において、はじめて「躊躇層」という言葉が発せられた

 

・2018年12月5日

 「移動躊躇層」という言葉、ならびに初期定義が誕生

・2019年1月17日
 「ヨコスカ×スマートモビリティ・チャレンジ」の枠組みで横浜国大が京急電鉄・横須賀市を誘いANAも交え4者で議論開始

・2019年1月25日
 コンセプト名称を「Universal MaaS powered by ANA」に変更(後日、「ANA Universal MaaS」へ変更)


・2019年2月3日
 「Universal MaaS」の初期コンセプトを世の中に向け初めて発信


・2019年2月20日
 Facebook上に「Universal MaaS Community」を構築(配下に5つのグループを作成し、今現在も大澤信陽 個人で運営中)


・2019年3月12日
 事業化に向け、ANA社内に専用プロジェクトを設置することに(「ANAバーチャルハリウッド」クランクアップにて決定)


・2019年4月1日

 コンセプト名称を「Universal MaaS」に変更
 ANA企画室
イノベーション・KAIZEN部 内に「Universal MaaSプロジェクト」発足(同年、7月1日に新設されたMaaS推進部へ移設)

・2019年5月26日
 産学官連携4者(ANA・京急電鉄・横須賀市・横浜国大)による初の実証実験を羽田空港⇔横須賀美術館にて実施​


・2019年6月27日
 産学官連携4者によるUniversal MaaSプロジェクト発足(ユニバーサルデザインの発想で包括的な移動サービスを目指す)

・2019年9月13日
 実証実験パートナー7社を加え、技術検証・実証実験(2019年11月13日、12月13日、2020年1月14日、2月7日)を実施


・2020年2月7日
 横須賀市内にて産学官連携4者代表による共同記者会見を実施(2020年度内の実装開始を目指す)


・2020年7月31日
 国土交通省「令和2年度日本版MaaS推進・支援事業」の認定を受ける


・2020年11月24日
 産学官連携4者・実証実験パートナー24社と共に「ユニバーサルお出かけアプリ」を開発し発表


・2020年12月1日
 「WheeLog!街歩きイベント​ in 横須賀」を皮切りに、横須賀市内で実証実験を開始


・2021年2月28日
 2020年度の実証実験完了、社会実装向けの開発を順次実施(実証実験にて得た知見やデータを順次社会実装)


・2021年5月20日
 Universal MaaSプロジェクト公式ウェブサイト開設(当サイト)

・2021年8月24日

 国土交通省「令和3年度日本版MaaS推進・支援事業」の認定を受ける

 

・2021年9月15日

 「ANA空港アクセスナビ」の徒歩区間に「バリアフリー地図/ナビ」機能の提供を開始
​ :

 

▼主なプレスリリース

お問い合わせ

<受付時間>10:00~17:00(土日祝祭日、ゴールデンウイーク、年末年始などを除く)

​*印は入力必須項目

お問い合わせ内容
arrow&v

・「ANAプライバシーポリシー」をお読みいただき、同意いただける場合は「同意する」にチェックを入れて「送信する」ボタンを押してください。

 

・なお、お問い合わせ内容によっては、状況調査の実施や、より適切な回答を差し上げる目的で、必要に応じてUniversal MaaS実証実験パートナー各者と個人情報を共有する場合や、当該の担当者から直接ご回答させていただくことがあります。またその場合、回答に時間がかかる場合がございますので予めご了承ください。